*

PS3「P4U2」ストーリーモードクリアしました!ペルソナ3,4好きならやって損はないかと思います。

公開日: : PS3, ゲーム, 購入レポート

PS3で発売されたP4U2こと「ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド」を発売日に購入してコツコツプレイ。つい先日、ストーリーモードを全てクリアしました。

P4U2_01 P4U2_02
購入したのはニューカマーパッケージ。メインビジュアルカッコイイです。

ストーリーはほぼ満足です。

ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ」の続編ですね。前作のストーリーモードのラストでは、これ続きはどうやって終わらすんだろう?と心配したものですが、しっかりきっちり今作P4U2で終わらせてくれたと思います。ストーリーに関するネタバレを書いちゃうと「画面端で固められ、永遠に抜け出せなくなる呪い」などを掛けられてしまうので自粛させていただきます。これ毎回怖いですね(笑)

P4U2_03 P4U2_04

ディスクと先着購入特典。足立が使えるようになります。

前作に引き続き、P3色が濃いストーリー。

ネタバレにならない程度に書きますと、前作よりかはストーリーモードはサクッと終わったかな、という印象。前作が長く感じたせいかなぁ。今回はストーリーモードの進行状況がわかりやすくなっていますね。前作のように選択肢が多い!なんてこともなく、サクサクストーリーが進められます。今作もストーリーはP4よりもP3色が濃く、ストーリーの長さもP3サイドのほうが長かったです。ペルソナ3Fesのその後、順平やゆかりちゃん、天田君&コロマルがどのように成長したのかを知れたのはいちファンとしては楽しかったです。

ペルソナ3もペルソナ4も、本編では綺麗に終わっているので、正直に言っちゃうと後付っぽいところもあるかな?と思っちゃいますが、新しい仲間であるラビリスを初め、ペルソナ3のキャラクターたちとの関わりはペルソナ3&4好きなら十分楽しめる内容だと思います。ラビリスはアイギスと同様、対シャドウ特別制圧兵装という設定でほぼペルソナ3寄りの立ち位置なのですが、彼女の存在がペルソナ3,4の架け橋となっていますね。

新キャラである皆月翔も正体不明でしたが、ちょっとビックリする生い立ちです。今作ではよりペルソナ3の舞台裏にスポットライトを当てた話になっており、両作品をプレイしたことがある方はプレイしてみて損はないかと思いますよ。

格闘ゲーム部分は初心者でも安心。

前作が発表された時は、ペルソナ4の格ゲー?!しかもアーク!これは楽しみすぎる!と思っていたものですが、格ゲー初心者の方にはアークシステムワークスの格闘ゲームは結構敷居が高いと思います。しかし、P4Uシリーズのストーリーを純粋に楽しみたい、ペルソナ4といえばストーリー!と格ゲー要素よりもストーリーを知りたい・楽しみたい方が多いかと思います。そんなペルソナファンを考慮して、ボタン連打でも十分通用するようなシステムとなっていますね。前作でも十分な感じでしたが、より格ゲー初心者の方にも楽しめる内容に思えました。ただし、カッコイイコンボをキメたい!…と思うとやはり相当な練習が必要ですね。P4U2から格ゲーにハマって、いろんな格ゲーをやってみたくなった!なんて感じで格ゲー人口が増えればいいなぁ。

DLCでしか使えないキャラがいるのはやはり残念。

私が購入したのは「プレミアム・ニューカマーパッケージ」です。前作をプレイしているので、通常版でも良かったのですが、「キミの記憶」の追加BGMに釣られてしまいました…。前作をプレイしていない方はニューカマーパッケージでも十分だと思いますが、前作も今や中古で安くなっているので、どちらでもいいと思いますよ。

今作のパッケージには、足立(先着購入特典)やマリー、マーガレットも描かれているのにDLCなのかー…と少し残念。どうせなら発売してから発表して欲しかったようにも思っちゃいます。個人的にDLCで購入することにあまり慣れていないからなのかも。ストーリーモードだけ知れたらそれでいい、という方はDLCはあまり気にしなくていいのではないかと思いますよ。

P4U2_05

「プレミアム・ニューカマーパッケージ」はこれだけのDLCが付いてきます。前作をプレイしていない方はお得ですね。

とはいえ、りせちーは嬉しい!

りせのプレイアブル化は誰もが予測し得なかったのではないでしょうか。ナビ特化なペルソナなので、一体どうして戦えるように?!とワクワクしながら使ってみましたが、アイドルらしいバトルスタイルで使ってて楽しいキャラに仕上がってましたね。どうしてりせが戦えるようになったのかもストーリーモードで明かされます。

もちろん天田君&コロマルもストーリーモードでもいい感じに目立っていましたね。イケメン中学生です。

PS Vitaにもぜひ移植して欲しい作品!

前作のときから思っていましたが、メインは格ゲーでもストーリーモードはやはりペルソナであって、正当な続編ですね。少しでも多くの方にプレイして欲しいです。ストーリーモードの立ち絵は目パチ口パクもしますし、音楽もペルソナのオリジナルBGMをそのまま使っています。多くの方にストーリーを知って欲しい、ということで手軽にプレイできるPS Vitaにもブレイブルーのように移植して欲しいですなーって思います。

欲を言えばアニメ化も。

P4Uシリーズのお話、特に前作のラビリスの生い立ちなど、私は好きですね。しっかりとしたストーリーなので、ペルソナ4ゴールデンもアニメ化しましたし、ぜひP4Uシリーズもアニメ化して欲しいなぁと思います。P3の後の話ですし、もしアニメ化するとしたらペルソナ3の劇場版が完結してからかな?

次はP4Dですね!

P4U,P4U2の舞台はゴールデンウィーク、そしてその後の夏の話がPS vitaのP4Dこと「ペルソナ4 ダンシング・オールナイト」!いつまでペルソナ4で引っ張るんだろうか…ともちょびっと思ってしまいますが、ペルソナ4の音楽大好きですので、音ゲーとはこれまたジャンルが変わって面白そう。先日行われたTGSでも新しいPVが公開されましたね。

今まで発表されていた番長(主人公)りせ、そして新キャラ「真下かなみ」…といってもかなみはペルソナ4本編やペルソナ4アニメで名前が出てましたね。彼女らに加え、陽介・千枝・完二も登場するみたいで、ペルソナ4の話はまだ続きそうです。

音ゲーも昔ビーマニやらギタドラやらエラいはまってた時期があるなぁ…。今もそんなにうまいわけではないですが、好きなジャンルなので楽しみです。

関連記事

デレステ2周年、おめでとうございます。豪華なキャンペーンいろいろ!

とんと更新していなかったのですが、9月になりデレステは2周年を迎えましたね。 デレステ2周年!おめ

記事を読む

[パズドラ]たまドラベビーは進化させる?させない?

覚醒スキルが実装されてすぐの頃は、必ず覚醒できる「たまドラ」しかいませんでしたが、その後「たまド

記事を読む

電源が入らない!

PS Vitaがついに壊れたので修理に出しました。

気分転換にブログの記事でも書こうかな!と思って久しぶりにEFG-Driveを覗いてみると、前の記事が

記事を読む

[パズドラ]スキル上げ強化週間!シャロンにレイ=シリウスにダークサイド。

DCコミックスコラボと光の蟲龍が同時に来ている上に、宝玉も集めないといけないので、レベル上げは全くし

記事を読む

デレステにてシンデレラフェス!80連の結果やいかに。

シンデレラフェスが開催されてましたね。デレステをプレイされている方はこの機会に運試しをしたのではない

記事を読む

最近の「ディバゲ」スクラッチ事情!コラボスクラッチや555日記念キャンペーンスクラッチとか!

最近はめっきり「ディバインゲート」の記事が少なくなっていましたが、記事を書いていない日も毎日欠かすこ

記事を読む

2016年度版「EFG-Drive」を振り返ってみる!

記事書かなきゃなーと思いつつもダラダラしちゃったり、ひどい風邪を3週間ほど引いてたり、ペルソナ5に1

記事を読む

Nexus7(2013)でのデレステは少し厳しい…。新しいタブレットがほしいなぁ。

「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」楽しいですよね!私も配信開始されてから

記事を読む

ノアゲット!

[パズドラ]ついにスタミナ150、ランク267に!さらに通算ログイン365日目そしてノア降臨!

6月28日、ランクがついに267になりました!267ということは、ついにスタミナが150にようやく到

記事を読む

2014年度版「EFG-Drive」のゲームを振り返ってみる!

12月末日となりましたね。毎年恒例の「ブログ一年を振り返ってみる」の記事を書く時期になりました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

デレステのプレミアムパスかぁ。

まだまだ2020年でもいろんなスマホアプリゲームがリリースさ

ひさしぶりにブログをいじる

びっくりほど変わってて、本当に驚きです。昔はこういう最初の一文字を大

nasneの後継機にDMR-BRT1060買いました。

この記事を書いてたのはなんと約10ヶ月前、2019年の4月くらいなの

2019年度版「EFG-Drive」を振り返ってみる!

あっという間に年末!大晦日!このパターン毎年やってます。 本当に

no image
平成最後の記事となりました。

なんと今日で「平成」最後の日となってしまいました。 思えば一ヶ月

→もっと見る

PAGE TOP ↑